交通アクセス
 
 

吹奏楽団の誕生
渋谷乗泉寺吹奏楽団は、1927年、東京麻布乗泉寺内に誕生。
当時は軍隊からの払い下げ楽器を集め、寺内子弟や、檀信従子弟による青少年の音楽隊であった。
初代団長兼指揮者の波多野福太郎氏は無声映画の楽団や新交響楽団(1926年設立、1942年日本交響楽団に改称、1951年NHK交響楽団に改称)の設立にも参加しており、日本の楽団史、Jazz史に輝かしい功績を残している。(波多野福太郎氏 注:東洋音楽学校は現東京音楽大学)
戦後、戦災で焼け出された乗泉寺は渋谷の現在の地に移転する。

東京都吹奏楽連盟発足に参加
1960年代に、東京都吹奏楽連盟一般支部(現、東京都一般吹奏楽連盟)に発足参加し、市民楽団への道を歩み始める。楽団員も広く一般から募り、アマチュア音楽団体として音楽文化の向上をめざす演奏団体に変貌する。

全日本吹奏楽コンクールで3年連続金賞
1993年、全日本吹奏楽コンクール一般部門で3年連続金賞を受賞、翌1994年授賞式招待演奏を行う。その後、トップレベルの市民バンドとして、よりハイクオリティな音楽の創造、地域社会への貢献をめざし、活動している。

バンドディレクターに楊鴻泰氏
2002年4月、吹奏楽指導に実績のある楊 鴻泰(Yoh Kohtai)氏を迎える。
(C)2008 Shibuya Josenji Symphonic Band.